Home Page Image


 


看護アセスメント研究会の活動について


看護は常に社会の変化に伴って進歩し,そして発展するものです.看護の変革を恐れることは病気を背負って生きる看護の対象者の方々の立場にたっている姿勢とは言いがたいでしょう.

看護診断は,それまで個々のナースの看護の視点で行なってきた看護ケアを明確化し,共通用語としても,ナース間で患者さんの状態を認識できます.
看護診断という言葉は,1970年代以降,国内で出版されたいくつかの書籍のなかに記述されてはいましたが,1990年の初め,松木光子博士によって結成された「看護診断研究会」が土台となって,日本で看護診断の学術組織ができました.
それから約20年もの歳月が経過しますが,果たして臨床看護で,ほんとうに患者さんのケアに際して,効果的な成果を成し得たのでしょうか?

私たちの研究会は,病気に苦悩し「よく生きる」ことを見失った患者さんに,看護という「知と技」をもって,幸福感を取り戻していただけるような活動ができることを願って,臨床ナースの方々により良い情報と会員相互の研鑽の場をご提供します.

臨床看護はいつも「知と技」の訓練です.スポーツマンや,舞踊家が,日々のトレーニングを怠ると肉体は衰え,技は後退するといわれます.それと同じように私たちも日々鍛錬を重ねませんか.

看護診断にどことなくアンチになっていませんか
看護計画が絵に描いた餅になっていませんか
看護技術といいながら介護技術オンリーになっていませんか
●看護記録をSOAPそれともDAR等の記録方式にこだわっていませんか
●看護のフィジカルアセスメントが単なる医学診査になっていませんか
そして・・・・ 看護は全人的に患者さんを看るといいながら,心身二元論で患者さんを観ていませんか?そんな自己への問いかけも時には大切かも知れません.
●看護アセスメント研究会への連絡はe-maiでお願い致します